東京ディズニーランド

先日、東京ディズニーランドへ行って来ました。

教室で配布しているひよこカードの景品でディズニーランドを獲得した子供がいて、教室の皆(有志)で行くことにいたしました。
★ひよこカードについてはこちらをご覧下さい。

その子供は、3年かけて9枚のカード(シール90枚)を獲得しました。
小学校3年生の頃から貯め始めて、今はもう6年生です。
長い年月頑張りました。

ひよこカードの引き換えは今回が初めてだったこともあり、皆に声をかけ、有志で参加いただけるようにしました。
沢山の参加希望があり、総勢7名で行って来ました。

保護者の方向けに、当日の様子や出来事をなるべく正確に伝えられたらと思います。
あくまで僕の視点で書いていますのでご了承ください。
とても長いブログですが、どうか最後までお付き合い下さい。


目次

1、 起床、合流、バス

2、東京ディズニーランド到着

3、「スティッチ・エンカウンター」

4、「ホーンテッドマンション」

5、休憩、昼食

6、スター・ウォーズグッズ

7、「カリブの海賊」

8、おやつタイム

9、お土産

10、「モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!」

11、「バズ・ライトイヤーのアストロ・ブラスター」

12、「ビッグサンダー・マウンテン」

13、クイーン・オブ・ハートのバンケットホール (夕食)

14、帰宅


 

 

起床、合流、バス

時計

 

5時半です。

恐ろしく早いです。
まだ外は真っ暗です。

まだ起きたくないですが、皆との待ち合わせがあります。
なんとか起きて身支度を整えて、予定時刻に家を出ました。
このあと横浜駅で、皆と合流します。

普段この時間に電車に乗る事がないのですが、意外と人が多かったです。
早くから皆様ご苦労様です。

集合

30分程度電車に揺られ、横浜駅で皆と合流しました。

皆揃っています。
インフルエンザが流行っていたり、体調を崩しやすい時期ですが、無事全員で行けそうです。
良かった!
眠そうではありますが、皆元気そうです。
子供達も早起きして来てくれているので、眠いはずです。

このあと、横浜駅から直通の高速バスに1時間程度乗るので、眠い子はそこで寝るといいですね。

バス、東京ディズニーリゾート行き

バス停で10分程待ち、乗ることができました。
今回の参加メンバーは奇数なので、2人ずつ乗ると1人余ります。。

そう、僕です。

皆は2人づつ並んで座ってもらい、僕は相席で夢の国を目指します。

大丈夫、寂しくはありません。

 

東京ディズニーランド到着

東京ディズニーランド到着

 

ちょうど1時間程で到着しました。
高速バス、とても快適でした。
ドライバーさんありがとうございます。

子供達も車内でゆっくり休めたようです。やはり眠かったのか寝ていた子も多かったですね。

これからディズニーランドを1日歩き回るので、ここで力を蓄えておけたことは大きいです。
1日歩き回ると大人でも疲れてしまいますからね。

今日1日、夢の国を楽しみましょう。

いよいよ、夢の国へ入国です!

パーク内に入ると、ミッキー達の姿が見えました。
各キャラクター、写真撮影の行列が出来ています。
それを横目に、まずはファストパスを取りに行きます。
事前に相談をして、「モンスターズインク」のファストパスを取ることにしました。

ファストパス

早速、ファストパスゲットです。

安心したのもつかの間、すぐさま近隣のアトラクションを探します。
なんか、いきなりものすごい忙しいです。
さすがディズニーランドです。

なるべく沢山のアトラクションに乗れるように工夫しながら回ります。

そこで見つけたのがこちら。

 

スティッチ・エンカウンター

スティッチ・エンカウンター

 

ディズニー制作のアニメ「リロ・アンド・スティッチ」の大人気キャラクター、スティッチのアトラクションです。
「スティッチ・エンカウンター」の内容は、宇宙船に乗っているいたずら好きのスティッチをゲスト(お客さん)全員でモニターしようというものです。
リアルタイムでスティッチがゲストに沢山話しかけてくるそうです。

内容を聞くと何か、危険な匂いがしますね。

スティッチの待ち時間は25分ぐらい。
まだまだ皆元気なので、楽しくお喋りしながら並びます。
アトラクションへの期待も高まります。
並んでいる時間も、写真を撮ったりして楽しんでいる様子です。

9時10分「スティッチ・エンカウンター」に入りました。

スティッチが話しかけるお客さんを指名します。来ている服や特徴を細かく言われるので、指名されたら逃げられません。

さっそく、犠牲者が選ばれました。

黒猫の美術教室のメンバーではなく、中央辺りに座っていたツボカワさんというお客さんです。

ツボカワさんは、終始スティッチにいじられていました。
正直物凄く面白かったです(ツボカワさん、ごめんなさい)。

子供達がバズのアトラクションも乗りたというので、こちらのファストパスも取りたいのですが、2枚目のファストパスを取るにはまだ時間があります。

皆で話し合い、定番のホーンテッドマンションヘ向かいます。

 

ホーンテッドマンション

ホーンテッドマンション

 

9時35分「ホーンテッドマンション」に並びました。
40分待ちです。パーク内も少しずつ混んできました。
しかし、こちらも楽しく並んで待ちました。

ホーンテッドマンションの内容は、お化けが住むマンションを乗り物に乗って見て回るというものです。
お化けといってもあまり怖くはありません。
子供達も全然大丈夫です。

僕は始めて乗りましたが、アートな雰囲気で、観ていて楽しくてとても好きでした。

 

休憩、昼食

トイレなどを済ませて、軽く昼食を取ります。

昼食

入ったのがこちら。

ピザとカンツォーネのお店です。

カンツォーネ

がっつりと言うよりは、軽食という感じでしたが、皆で美味しくいただきました。

 

スターウォーズグッズ

スターツアーズ

話が少しそれますが、今回「スターツアーズ」のアトラクションが点検のために休止していました。

とても残念です。
僕が個人的に一番楽しみにしていたアトラクションです。

仕方ないので、スターツアーズの前にあるスター・ウォーズグッズ専門店へ。

スターツアーズがやっていない今、スター・ウォーズグッズを買って、気を納めるしかありません。

子供達に僕の複雑な心境を説明し、心のバランスを取るためスター・ウォーズグッズを見に行きました。

スター・ウォーズの中でもカイロ・レンが好きなので、カイロ・レンのグッズを買おうと思います。

 

いざ、店内へ。

スター・ウォーズグッズ…。

…カイロ・レンがいない?

…ディズニーさん、それはないでしょう。
カイロ・レンは、スター・ウォーズがディズニー制作になってからのメインキャラクターですよ。

 

カイロ・レンの仮装

僕ハロウィンパーティーの時カイロ・レンの仮装までしたんですよ。←関係ない

スター・ウォーズグッズ専門店なのに置いてないなんて。
ダース・ベイダーは沢山いました。

ダースベイダーグッズ

この黒いのです。
スター・ウォーズをあまり知らない方は、両方黒いから一緒だろうと思うかもしれません。

子供達にも、同じようなものだと言われました。

しかし、全く違います。
僕は、同じ真っ黒でもダース・ベイダーよりもカイロ・レンが好きなのです。

しかし、無いものは仕方ありません…。

 

途中、同じ真っ黒でも好きじゃない方のダースベイダーのポップコーンバケットを見つけました。
迷いましたが、購入を決意。

ダースベイダーのポップコーンバケット

可愛いです。
カイロ・レンではないですが、意外と気に入りました。

ポップコーン

ポップコーンは子供達にあげました。

 

ファストパス

ここで2枚目のファストパス、「バズ・ライトイヤーのアストロ・ブラスター」を取得します。
ファストパスは待たずに乗ることが出来るので、本当に便利ですね。
無事に取得し、バズに乗れることが確定したので安心です。

続いて、「カリブの海賊」へ向かいます。

 

カリブの海賊

カリブの海賊

 

カリブの海賊は、水の上を進む船で海賊の世界を観て回ります。
海賊達が宴をしたり、決闘をしたり、様々な場面が繰り広げられていて楽しめます。

皆から聞いた情報によると、映画「パイレーツオブカリビアン」の主人公、ジャックスパロウも出てくるとの事です。楽しみですね。

僕はこちらも乗るのが始めてです。
子供達は経験済みの様子。

回転率が良く、待ち時間はあまり無く乗れました。

これ、楽しいですね。
1ヵ所落ちるところがあって、スリルも楽しめます。
子供達もとても楽しんでいました。

ホーンテッドマンションに続き、こちらもアートな感覚で楽しめました。
人形の作りが凄くリアルで、何十年も前に作られたアトラクションとは思えません。

特に海賊達の表情には感心いたしました。
きっと優秀な造形家による仕事なのでしょう。
「ジャックスパロウ」も見つけましたよ。

子供達 と一緒に探して、3回確認出来ました。
もっといるかも?です。

今更ですが、カリブの海賊お勧めです。

 

おやつタイム

ポップコーン

 

お昼に食べたピザやカンツォーネが少し足りなかったため、ここで軽食を取ることに。
参加の生徒様達は育ち盛りの子供が多いので、休憩も兼ねてのおやつタイムです。
チキンやポップコーンなど、それぞれ好きなものを選びました。

お土産

お土産屋さん

 

夜になるとお土産屋さんが混むとの情報もあり、早い時間にお土産を買うことにしました。

子供達それぞれにご家族や友達に買いたい物があるという事で、沢山時間を使って探す事にしました。

子供達は自分の欲しいものがあっても、お金を使い過ぎないように悩んで諦める子供が多かったように感じます。
友達のお土産も予算内で買えるものを探します。

偉いですね。

保護者の方からお金をもらって来ているので欲しいものは買える状況なのに、自分で考えて諦めるなんて、なかなか出来ません。

自分が子供の頃を考えると同じ事が出来たかは、疑問です。
きっとご両親の日頃の教育が良いのでしょう。
感心いたしました。

子供達は本当に必要なものだけを買っていましたよ。

買ったお土産は、皆でまとめてコインロッカーに入れました。
身軽にパークを楽しめるので良かったです。

黒猫

さて、今回教室のキャラクターであるこの黒猫もHP写真用に連れて来たのですが、ディズニーのキャラクターでは無いため、なんとなく後ろめたい気持ちがありました。

何とかならないかな…とお土産屋さんを見ていると。

良いものがありました!

ミッキーの耳です。
購入して、早速黒猫に装着しました。


黒猫の変装

変装完了です

 

顔の色が黒いのはさておき、これなら、遠目から見るとミッキー風に見えますよね?

 

すれ違うお客さんに何度か2度見されましたが、気にしない事にします。

 

モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!

モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク!

 

さてさて、到着してすぐに取ったファストパスの使用時間がきました。
皆が楽しみにしていたモンスターズインクのアトラクションに乗ります。

ディズニー、ピクサー映画「モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク」は、乗り物に乗り移動しながら、フラッシュライト(懐中電灯のようなもの)で、隠れている人間のブーやモンスターたちのヘルメット(ターゲット)を照らすというアトラクションです。

なんか聞いてるだけでも楽しそうなアトラクションです。
実際、ディズニーランドの中でも人気のアトラクションのようです。

こちらのアトラクション、2人並んで乗れる仕様なので、2、2、2、1人と分かれて乗ります。
そう、僕1人また余ってしまいました。

隠れているモンスター達が出てきたところをライトで照らして得点を稼ぎます。
子供達も皆楽しんでいました。
大人も子供も楽しめるアトラクションです。

 

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

 

ディズニー、ピクサー映画「TOY STORY」のアトラクションです。

バスが率いるスペースレンジャーの一員になり、スペースクルーザーに乗ってアストロブラスターなる光線銃を使いターゲットを狙う、シューティング体験型アトラクションとなっております。

こちらもとても人気のアトラクションのようです。

15時20分、ファストパスを使い、並ぶ事なく「バス・ライトイヤーのアストロブラスター」に乗ることができました。

しかし、ここでも奇数問題です。

モンスターズインク同様2人づつ並んで乗る仕様なので、また僕が余ります。

またも、孤独な戦いに挑む事に。

2人乗りなので光線銃が2つあります。今回は二丁拳銃で挑みました。

二丁拳銃

こんなイメージです。
※良い子は真似しないで下さい。

これは、楽しいですね。
子供達もとても楽しかったようで、しばらく興奮覚めやらぬ様子でした。

トイ・ストーリーのグッズ専門店にも寄り、さっき買えなかったお土産を購入したり、それぞれに楽しみました。

 

ビッグサンダー・マウンテン

ビッグサンダー・マウンテン

 

絶叫型ジェットコースターアトラクションです。
結構恐いらしいです。

絶叫好きなチームと、絶叫が苦手なチームで意見が分かれました。

僕はやむを得ず「ビッグサンダー・マウンテン」のチームへ行くことに。

僕と子供達の「ビッグサンダー・マウンテン」チームと、助手と子供組の非絶叫系チームです。

この2チームに別れての別行動です。

僕はジェットコースターは特に好きというわけではありませんが、子供達が絶対乗りたいというので、頑張って乗りました。

実は「ビッグサンダー・マウンテン」のファストパスを事前に取っていたのですが、19時20分からのファストパスとなってしまったため、迷っていました。

この時間だと帰る時間が遅くなってしまいます。

そういう経緯があり、列に並んで早い時間に乗る事にしました。

待ち時間は90分です。
長いですが頑張って並びます。
子供達としりとりや、絵しりとり(絵を描いて、絵でしりとりをする)を行いながら、時間をつぶします。

寒い中、90分立って待つのは子供達には大変辛い事だと思いますが、皆で遊びながら、時には励まし合いながら乗り越えました。

とても頑張りましたね。

17時半、ようやく順番が回ってきました。

お馴染みの奇数問題もありますが、もはや慣れっこです。今回も1人で乗ります。

子供達に「ビッグサンダー・マウンテン」の恐さを聞かされた後だったので不安でしたが、いざ、乗ってみると。

確かに物凄く恐かったですが、同時に物凄く楽しかったです!
子供達も、とても楽しんでいました。

恐いですが、お勧めです。

ちなみに、非絶叫系チームは「白雪姫と七人のこびと」のアトラクションやお買い物を楽しんでいたそうです。こちらも充実していたようで良かったです。

 

クイーン・オブ・ハートのバンケットホール(夕食)

クイーン・オブ・ハートのバンケットホール

 

もうこの時間になると、子供達は皆疲れていました。

早く休憩(夕食)を食べさせてあげたいと、夕食場所に予定していた「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」に行きました。

まだ、18時前だったのですが、
まさかの40分待ち…。

皆疲れていますし、お腹が空いているので、違う場所を検討して探す事にしました。

しかし、他の場所は値段が高かったり、混んでいたりで良い場所がありません。
※子供達にもそれぞれに予算の限界があるため、あまり値段が高い所は選択肢としてはずしています。

違う場所を諦めて「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」に並ぶことにしました。

子供達は疲れていて、お腹も空いているので、早く休憩させてあげたいです。

クイーン・オブ・ハートのバンケットホール

 

皆で励まし合いながら待ちました。

待ち時間が40分と言われましたが、30分程度で席に座る事が出来ました。

「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」は選んだお料理を自分でトレイに乗せてのお会計になります。

はなまるうどん方式です。


夕食

各々に好きなお料理を楽しみ、今日1日の思い出を話ながら皆でゆっくり食事ができました。
疲れも少し取れたかな。

可愛い雰囲気のお店なので、小さいお子様と来るにはお勧めのお店です。

19時、食事終了です。

 

帰宅

夜のディズニーランド

当初、19時半からの夜のパレードを観て、19時50分頃にディズニーランドを出る計画をしていました。
帰りの時間も考慮しつつ、少しでも子供達にパレードを観せてあげたいと思っていたからです。

しかし、ここまで一緒に遊んだ仲間です。

最後に子供達に残された時間を何に使いたいかを聞いてみました。
あと50分程度あるので、いくつか選択肢があります。

1、待ち時間の少ないアトラクションに行く
2、お土産を見る
3、19時半からのパレードにそなえる

皆に1~3どれが良いか確認してみました。

しかし、なかなか意見がまとまりません。
あまり、考えている時間もないので、参加者の中で一番年下の子供に改めて聞いてみました。

すると、お土産を見たいとの事です。

皆も納得して、最後にお土産を見る事にしました。
その子はプーさんのハンドクリームを最後に買えて、とても満足そうです。

黒猫とベイマックス

お土産屋さんに大きなベイマックスがいたので、黒猫ミッキーと記念撮影です。

 

さて、19時半になり、パレードの時間になりました。
皆にパレードを最後に少し見る?と聞くと。

パレードは見なくていいと、最後の最後で満場一致。


大人も子供も皆とても疲れているのです。
これから、バスと電車で帰らなくてはいけません。

これなら予定よりも少し早く帰れそうです。小さい子供もいるので、帰宅時間に関しては気を使っています。

帰宅

パレードの音を聞きながら、ディズニーランドを後にします。

皆、大満足のディズニーランドになったのではないかな?
ご家族以外のメンバーで出掛けることはなかなかないと思います。
さらに皆の仲が深まったようにも思います。
いつかまた、ひよこカードを沢山貯めた猛者が現れたらその時はまた。

20時頃、横浜駅行きのバスに乗りました。
車内では、ほとんどの子供達は寝ていました。
他のお客さんも皆疲れているのか、とても静かでした。
行きのバスの車内とは真逆です。

これがディズニーランドなんですね。

21時頃横浜駅に到着いたしました。

ここからは、僕だけ路線が違うので、助手に子供達を預け別れます。

皆、本当にお疲れ様でした。
楽しい思い出を有り難う。

 


トップページへ戻る

2019年02月06日