黒猫のデッサン完成

今年最後の教室は、
「黒猫のデッサンの仕上げ」と、「クリスマス会」です。

★クリスマス会についてはこちらから

子供達が楽しみにしてくれているクリスマス会ですが、その前に、今月の共同制作 黒猫のデッサンを完成させる必要があります。
お楽しみは後半に取っておき、まずは黒猫のデッサンを仕上げていきましょう。

今月から初めたこの共同制作ですが、早くも3回目となりました。
皆で協力して完成させていきます。

過去の黒猫のデッサンに関しましてはこちらをご覧下さい。
黒猫のデッサン
第2回黒猫のデッサン

今回は最後の仕上げです。
細かい部分の修正や、ひげを描く事が課題になります。

この最後の仕上げの作業が割りと大変だったりします。
良かった所まで変わってしまったり、調整のつもりが濃く描き過ぎてしまったり、早い段階で満足してしまったり。
まだ目が鍛えられていないので、なかなか難しい作業になります。
皆と揃えるというのも、とても大変です。

いつもの個人制作とは異なり、皆の絵と揃える為の微調整が入ります。
僕に言われて何度も直す事になるのですが、なかなか小学生には辛い作業ですよね。
当然、集中が続かない子供達も出て来ます。
早く終わった子供達にサポートに入ってもらいながら、皆で協力して進めていきました。

今回は、いつも以上に「モチーフをちゃんと見るように」と指導致しました。

小さいうちはモチーフをちゃんと見ないで、何となくの記憶で描いてしまうことが多いです。
上手に描けない理由は、そこにあると思います。
「なんとなく記憶しているものを、想像で描く」
これではとても勿体ないです。

毎回毎回、「モチーフをちゃんと見るように」と指導しておりますが、それでもなかなか難しい子供もいます。

今回は、今年最後の教室という事もあり、いつも以上に繰り返し伝えました。
本当に大切な事なので、少しでも伝わって、身についてくれたら良いなと思います。

さて、紆余曲折ありましたが、1ヶ月かけて描いた「共同制作の黒猫のデッサン」が完成いたしましたので、ご紹介していきます。

※保護者様へ
完成した黒猫のデッサンをお預かりさせていただき、これからアニメーション動画の制作に入ります。
作品をお渡しするのが遅くなってしまい申し訳ありません。
それまで大切に保管致します。

それでは、今年最後の制作「黒猫のデッサン」。
完成した作品をどうかご覧下さい。

 

黒猫のデッサン完成作品

黒猫のデッサン

小学校6年生の黒猫のデッサンです。

線が綺麗ですね。
こういう所は性格が出ますよね。
この生徒様は繊細な性格で少し臆病な所もあるので、慎重にデッサンをします。

その結果このような綺麗なデッサンになったのだと思います。
形も綺麗にとれていますし、とても上手に描けています。

次回からの課題は、濃淡の幅です。
もっと目を鍛えて濃淡の幅を作れるようになれば、さらに素晴らしくなるでしょう。

 

黒猫のデッサン

小学校6年生の黒猫のデッサンです。
後向きの構図なので、少し描きづらいですよね。難しい構図ですが綺麗に描けています。

この生徒様は、よく漫画の模写をするので、形を捉えるのがとても早く上手です。
今回の黒猫のデッサンでも1番早くに形をとらえておりました。

黒猫の頭が奥にあるので、ちゃんと小さく描いています。良く見ていますね。
前後関係の処理が上手に出来ていると思います。

 

黒猫のデッサン


今月から教室の仲間になった小学校5年生の黒猫のデッサンです。

他の子供達に助けてもらいながら、頑張って描いてくれていました。
こういう所は、うちの教室はチームワークがあります。

1ヶ月みさせて頂いて素晴らしいと感じた所は、まずちゃんとモチーフを見る事です。
いつも「もっとちゃんとモチーフを見るように」と指導しているのですが、それでもなかなかモチーフを見られない子供もいます。
しかし、この子は1度言っただけで真剣にモチーフを見るようになりました。

もう一つは、筆圧です。

教室に入ったばかりの生徒は、大抵筆圧が強いです。
これはあまり学校では教えないので仕方のない事なのですが、絵を描く視点で言うとあまり良くないです。

あまり強く描くと、紙が傷みますし消しにくくなります。
また、細かい調整も難しくなるので、力を抜いて描いた方が良いです。

この子は最初から筆圧が弱く、ある程度自身で調整しながら描けていたので、繊細なデッサンになっております。

 

黒猫のデッサン

黒猫の美術教室のしっかり者、小学校4年生の黒猫のデッサンです。

この子はいつもしっかりと話を聞いているので、最近凄く画力が伸びています。

今回の黒猫のデッサンも1番早く終わっていました。
その後も遊ぶ訳でもなく、積極的に低学年の子供の生徒様に助言したり、手伝ったりしてくれていました。
いつも有り難う。これからも頼りにしています。

作品はとても良く描けています。
ひげや毛の考え方も良いですし、何より目が可愛いですね。
次でご紹介する小学校4年生にもアドバイスをしてくれていたので、黒猫の顔が似ていて可愛いです。

 

黒猫のデッサン

小学校4年生の黒猫のデッサンです。

まだ、教室に来てから2ヶ月程度の生徒様です。

前回、毛の細かい部分を頑張って、しっかりと描いてくれたので、今回は簡単な仕上げの作業で終わりです。
先にご紹介した小学校4年生の生徒様のサポートを受けながら頑張っておりました。

全体的に上手くまとまっていて、可愛い黒猫になりました。

 

黒猫のデッサン

小学校2年生の生徒様の黒猫のデッサンです。

今回は共同制作なので、「他の生徒様と揃える事」が大切になる訳ですが、最初に小さく描いてしまいました。

すぐに僕が気付いて指摘したのですが、修正することに抵抗があったようで、時折難しい場面もありました。

自分を強く持っていて貫き通すところがありますが、これは美術の自己表現では良い部分でもあります。
自分の主張を持つのはプラスに働くと思います。

しかし、先生が言う最低限のことは聞かないと先に進むことができません。
自由に描くだけでは、習いに来ている意味がなくなってしまう気がします。
せっかく教室に通ってくれているので、学びの機会を無駄にしてほしくないです。
月謝を払ってくれている保護者の方に申し訳なくも思います。

まだ小さいので難しい事もあるかと思いますが、少しずつ様子をみて進めていきたいと思います。

今回は保護者の方にもご相談させていただき、小さく描いてしまったものを大きく修正していくという方法で、納得して描いてくれました。
その後は集中して頑張って取り組んでくれて、すぐに遅れを取り戻しました。

他の生徒様と大きさも揃ったので、これで動画に出来そうです。

今後も保護者様と相談をしながら、慎重に進めていけたらと思います。

 

黒猫のデッサン

小学校2年生の黒猫のデッサンです。

この生徒様は僕が言った事をちゃんと聞いてくれるだけでなく、わからない時や質問がある時は、すぐに聞きにきます。

当たり前の事なのですが、なかなか難しいようで、出来ない子の方が多いです。
おそらく保護者の方が日頃からよく言ってくれているのでしょう。
サポートしていただき、いつも感謝しております。

さて今回は、斜め横を描いてくれています。
小学校2年生には難しい角度だと思います。
しかし、今回のテーマ「きちんとモチーフを見る」というのをしっかりと聞いて、実行してくれていました。
難しい角度ですが上手に描けています。
全体的なバランスも良いです。
低学年でここまで描ければ十分です。

自分のものにするには繰り返しやる事が大切です。ご自宅で描いたものがあれば、また見せていただければと思います。

 

黒猫のデッサン

小学校1年生の黒猫のデッサンです。
前回、風邪で欠席になってしまい、他の子供達よりも1回分少ないので遅れていました。

しかし、風邪が良くなって元気に来てくれたのが何より嬉しかったです。
この生徒様は教室でも1番明るく、発言も良くしてくれるので、いないと寂しいです。

作品は後ろ姿を描いてくれています。

難しいアングルですが、可愛く描けています。
特に角度や毛の部分が難しかったようで、何度も描き直して頑張っておりました。

小学校1年生にはかなり難しい角度ですよね。
難しくても、毎回「描ききる事」が大切です。

妥協を続けていると成長しません。
上手く描けなくてもいいので、「その時の限界まで描ききる事」が大切です。

本人にもそう説明して、最後まで頑張ってもらいました。

とても頑張って描いてくれたので、魅力的なデッサンになっていると思います。

 

黒猫のデッサン

中学校1年生の黒猫のデッサンです。

 

全体のバランスがとても良いですね。丸みをおびたフォルムが可愛いです。

この生徒様は最近画力が上がったなと感じています。

以前は形をとるのが苦手で難しかったのですが、最近は良くモチーフを見てしっかり観察しながら描けています。

 

毛の質感も上手に表現出来ていると思います。

奥の足を暗くして前後関係をしっかり表現しているところも好感が持てます。

あと、足についてるタグが上手です、細かい部分ですがこういう部分をしっかり描き込む事によって全体の完成度も上がります。

 

頑張りましたね。

 

また、絵とは関係ないですが、この生徒様はとても気が利くので助かっています。

僕が困っていると、率先してサポートをしてくれます。

 

なので、この生徒様がいると安心感があります。

いつも有難う。

 

黒猫の美術教室の優しいお姉さんです。

 

黒猫のデッサン

 

黒猫の美術教室で僕の助手をしてくれている方の黒猫のデッサンです。

とても綺麗です。
毛の質感もこれで良いと思います。
ぬいぐるみの可愛い感じが伝わってきます。
子供達にとても良い参考になるので、いつも助かっております。

 

まとめ

今年の教室は、これで終わりです。

これから動画にするべく、編集に入ります。
慣れない作業ですので、しばらくお時間をいただきます。
どんなアニメーションになるか、楽しみに待っていてください。

皆様、今年は本当にお疲れさまでした。
教室のホームページが出来て、沢山の生徒様が来てくれました。
本当にありがとうございます。
また、初めての「展覧会」や「ハロウィンクロッキー会」、「クリスマス会」など、色々な事がありました。
とても良い思い出です。

来年も良い思い出を作れるように、頑張っていきたいと思います。

生徒の皆様、保護者様、今後ともよろしくお願いいたします。

 

トップページ戻る

2018年12月30日